「去年の忘年会、君の行動は常軌を逸していたよ」なんて上司に言われたら、あなたならどうしますか?


常軌を逸する


へこんじゃう?腹をたてちゃう?

その前に、「常軌を逸する」の意味って何だったっけ?ってなっちゃいますか?

ということで今回は「常軌を逸する」の意味や語源・使い方をご紹介します。

本当に言われたくない言葉なんでしょうか?

一緒にみていきましょう。



常軌を逸するの意味・読み方!


「常軌を逸脱する」「じょうきをいっする」と読みます。

意味は、「普通とは違った常識から外れた言動をとる・道理に外れた言動をとる」です。



なんだか難しい言い回しになってしまっていますが、簡単に言えば「普通じゃない」や「常識はずれ」ですね。


「常軌を逸脱(いつだつ)する」と言い間違えることが多いので注意してください。

また、似たような言葉に「機を逸する(タイミングをのがす)」があります。

こちらも併せて注意してください。

では、意味をより深く理解するために次は語源をみていきましょう。


スポンサーリンク


常軌を逸するの語源・由来とは?

こちらでは、語源を紹介します。
と、言いたいところなのですが「常軌を逸する」には語源らしい語源や由来はありません。

そこで、今回は単語の意味をご紹介しながら、言葉の成り立ちをみていくことにしましょう!


まずは「常軌」の意味からはじめましょう。

  • つねにふみ行うべき道
  • 普通のやり方・考え方
  • 常道



続いて「逸する」の意味にいきます。

  • 取り逃がす。逃す。
  • ある範囲からは外れる。
  • もらす。おとす。うせる。なくなる。
  • 気ままに楽しむ。

です。


ここまでくると、もうわかりますよね(*^-^*)

ふたつの単語の意味をあわせると「普通のやり方・考え方から外れる」つまり「普通とは違った常識から外れた言動をとる」「常識はずれ」ですね。


常軌を逸する

常軌を逸するの使い方・例文!

簡単な言葉とはいえ間違えた使い方をしてはいけません。

恥をかかないためにも例文を参考にしながら、使い方を学びましょう。( ..)φメモメモ

その前に「常軌を逸する」の意味をもう一度思い出しましょう。
「普通とは違った常識はずれの言動をとる・常識はずれ」でしたね。

「常識」とは、「社会の構成員が有していて当たり前のもの」です。
つまり一般的に正しいとされるものですね。

「常識」から外れている=悪い意味で使われる ということです。
それをふまえて、例文をみていってくださいね。

今日は忘年会。

みんなで楽しくすごしたいけれど、A君は酒に酔うと常軌を逸する行動をするから…

あまりお酒をすすめないようしないと。

みんなが大変な目にあってしまうよ。



「常軌を逸する」だけを聞けば固い言葉という雰囲気ですが、意味がわかれば使いやすい言葉でしたね。

「常軌を逸する」行動をとる人は日本にだけでなく、外国にもいるはずです。

英語で表現できるのでしょうか?

こちらも例文を使ってみていきましょう。

Her behavior was a departure from the normal.(彼女の行動は常軌に逸したものだ)

「aberrant」が「異常な」という意味がある単語がにあたります。


他にも「常軌を逸する」と意訳される言葉に off one’s rocker(正気を失う。正常に考えることができない)という言い回しがあります。

A man is dancing in the middle of the road,he’s off his rocker!
(道路のど真ん中で踊っている人がいるけど、常軌を逸しているよ!)

やはり、外国にも常識はずれな人はいるんですね。

あなたの周りにも「常軌を逸する」行動をとる人、いるんじゃないですか?((+_+))


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「常軌を逸する」の意味や語源・使い方をご紹介してきました。

今回の言葉は語源を持たない言葉でした。

同じように語源を持たず単語の意味だけで成り立っている言葉に

などが、あります。

もちろん、同義語もたくさんありますよ。

ほんの一例になってしまいますが、ご紹介しましょう。
 

  • 風変わりな
  • 型破りな
  • エキサイトした
  • 並大抵のことではない
  • 突拍子もない
  • 正気を疑う
  • 狂気(きょうき)の沙汰(さた)

などなど、本当にたくさんあるんです。

今回のように成り立ちをたどっていくと、いろんな発見がありますね。

単語として意味だけの言葉、単語からは想像もつかない語源がありそこから生まれた言葉etc…

日本語って本当に奥が深いですね。


スポンサーリンク