「今まで見た中で一番心を打つ作品でした!」なんて紹介をされていたら、思わず見たくなりますよね?

でも「心を打つ」って一体どういうことなのか・・・


心を打つ


良く使うのに、ちゃんと分っていない言葉って結構ありますよね?

今回は「心を打つ」意味や使い方はもちろんのこと、ほかに表現方法はないのか?などもあわせて紹介します!

まずは意味と読み方から見ていきましょう。



心を打つの意味・読み方!


「心を打つ」「こころをうつ」と読みます。

意味は、「しみじみ感じる。感動する。」です。



「心を打たれる」とも言います。

でもどうして、「心を打つ」の意味が「感動する。」になったのでしょうか?

次の章で紹介しますね!


スポンサーリンク


心を打つの語源・由来とは?

結論から言うと、「心を打つ」には、語源らしい語源はありません

実は、単語の意味が連なってできている言葉なんですよ。

「心を打つ」を単語ごとに区切って意味を掘り下げて紹介しますね!


まずは「心」から。

心とは、「人間の理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの。また、働きそのものをひっくるめていう。精神。心情。」のことです。

「こんな意味があったんだ!」というものでもないので、そのまま「心」と捉えた方がわかりやすいですね。


続いて「打つ」はどうでしょうか。

「たたく・ぶつ」「強く当てる。」のほかに、「強い感動を与える。」という意味があります。

では、ふたつの意味を合わてみると、「心に強い感動を与える」となりますね。


言葉の成り立ちが分かったところで、次に使い方を見ていきましょう。


心を打つ

心を打つの使い方・例文!

例文を用いながら「心を打つ」の使い方を紹介していきますね。

「危ない!」と交差点の真ん中で立ち往生をしていた子猫を車からかばった彼。

その話を人づてに聞いて、強く心を打たれた

本当に、彼らしいよ。



子猫を救った「彼の行動」と「優しさ」に感動したという使い方をしていますね。

次の例文はどうでしょうか?

友達の付き合いで観劇した舞台。

特に前評判を聞いていた訳でもなかったけれど、こんなにも心を打つ作品だとは、思わなかったよ

感動するシーンと笑えるシーンがバランスよくちりばめられていて「もう一度見たい!」と思ったくらいだから!



「舞台」や「映画」「ドラマ」などに感動するということは、よくあることですよね。

そんなときに「心を打つ」という言葉を使うのは、ピッタリですね。

あのシーンは本当に心が打たれたよね

えっ!私は何とも思わなかったけど…

それよりも、あのシーンのほうが心が打たれなかった?

僕はなんとも…



「心を打つ」場面は、人によって違うということを表している例文ですね。

ということは「心を打つ」と評判の作品でも、全ての人がそうだとは限らないということですね。)

どうせ小説を書くのなら人の心を打つような作品を書きたいと思い続けてきたけれど・・・
現実はなかなかそうもいかない。

心を打つどころか、まだ日の目にすら当たっていないんだから…



「感動してもらうこと」を目標にしている。という使い方をしていますね。

このように、「感動した」という使い方だけでなく「感動してもらう」という使い方もできるので、覚えておいてくださいね。


よい作品やよいシーンに出会ったときに使われてる言葉なので、そんな場面にはぜひ遭遇したいですね。

遭遇したときには、迷わず「心を打つ」を使ってください!


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「心を打つ」の意味や語源・使い方を紹介してきました。

「強く感動した」という心境はこんな言葉でも言い表すことができますよ。

  • 胸を打つ:強く感動させる。
  • 胸を熱くする:じ~んと感動がこみ上げてくる。
  • 胸にしみる:強く感銘を受け、印象に残ること。
  • 心に響く: 深く感じて、心を動かされる。強く感銘を受け、印象に残ること。
  • じんとくる:感動して思わず涙が出そうになるさま。

などがあります。


英語では、
「touched my heart」(私の心にふれた)
で言い表すことができますよ。

「Your words touched my heart.」
あなたの言葉は私の心を打った。

というように使います。


おすすめの関連記事♪