「おばぁちゃん〇〇歳になったから、〇〇のお祝いをしなくっちゃね!」なんて会話を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

有名なものだと、60歳の「還暦」、88歳の「米寿」でしょうか。

実は、ほかにもたくさんの「年祝い(としいわい)」がありますよ!


喜寿


今回は、そんな「年祝い」のひとつである「喜寿」の紹介です。

言葉は聞いたことがあっても、「あれ、何歳だったっけ?」「何を送ったらいいのかな?」ってなっちゃうんですよねぇ…

そこで、「喜寿」の意味や語源についてまとめました!

「喜寿」がいくつのお祝いかはもちろん、豆知識になるようなものを合わせて解説しますね(*´▽`*)

それでは、さっそく見ていきましょう。



喜寿の意味・読み方


「喜寿」「きじゅ」と読みます。

意味は、

  • 満76歳、数え年で77歳のことを指す。
  • 数え年で77歳に達したことを祝い、記念する年祝い。

です。



「年祝い」と呼ばれる長寿祝いのひとつですね。

この「年祝い」の風習は、江戸時代の後期以降に広く普及していきました。

喜寿のお祝いは、数え年で77歳を迎える年にお祝いするものとされていますが、現代では満77歳でお祝いすることも多くなっているんですよ。

でも、いったいどんな理由から「満76歳、数えで77歳」のことを「喜寿」と呼ぶようになったのでしょうか?


スポンサーリンク


喜寿の語源・由来とは?

「喜寿」の語源をたどると文字の書体へとたどり着きます。


「喜寿」の「喜」の草書体をご存じですか?
※草書体・・・速く書くことができるように、字画の省略が行われた書体。

パソコンで表示するのはちょと難しいのですが、十七の上に七を付けたような文字にも見えます。

「七」「十」「七」で、77歳のお祝いを「喜寿」と呼ぶようになったのです。

ほかにも、「㐂」に似た雰囲気の文字に見え、「七」が3つ並ぶことからという説もあります。


ちなみに、「還暦」には赤いものを贈るのは有名ですよね。

実は、「喜寿」には、紫色のものを贈くるんですよ!

覚えておくと、贈りものをする際に役立ちますね(*´▽`*)


喜寿

喜寿の使い方・例文

こちらの章では、例文を使いながら「喜寿」の使い方を紹介をしていきます。

とはいっても、「喜寿」は「数え年で77歳に達したことを祝い、記念する年祝い。」という使い方以外にありません(; ^ω^)

なので「喜寿」という言葉を使いながら、お祝いの仕方などを紹介しますね!

「ウチの母親が、今年「喜寿」だから、お祝いをしたいんだけれど、相場ってどれくらいなのかな?知ってる?」

「1万円~3万円が相場って言われてるよね。現金でもプレセントでもね。」


問題!還暦は赤色、じゃあ喜寿は何色?

答え・・・紫。

「古希祝い」も紫いろだから同じようなプレゼントにならないようにしないとね!


「喜寿」のお祝いの言葉ってどんなものがいいのかな?

そうだね…体を気遣う言葉とか、家族のエピソードを交えてのお手紙がいいと思うよ!


「喜寿」のお祝いでおすすめって何かある?

食事会が喜ばれるみたいだよ。

ちょっとした料亭とかでなら、準備や片付けに手間がかからないからおすすめ!

私も父親の喜寿祝のときに、そうしたの!



と、「喜寿」はこのようにお祝いします。

ご参考になれば、幸いなのです(*´∀`*)


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「喜寿」の意味や語源・使い方を見ててきました。

「喜寿」は長寿のお祝いのひとつでした、他にはどんなお祝いがあるのでしょうか?

  • 還暦(かんれき):61歳(満60歳)生まれた年の干支に還ることが語源。
  • 古稀(こき):70歳 中国の詩人、杜甫の「人生七十古来まれなり」が語源。
  • 傘寿(かさじゅ):80歳 傘の字の略字を分解すると八十となることが語源。
  • 米寿(べいじゅ):88歳 米の字を分解すると八十八となることが語源。
  • 卒寿(そつじゅ):90歳 卒の字の略字「卆」は九十に分解できることが語源。
  • 白寿(はくじゅ):99歳 百の字の一を取ると「白」の字になり、100歳のひとつ手前の99歳を意味していることが語源。
  • 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ):100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれる。

などがあります。

100歳を越えると、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦もあるんですよ!

残念ながら、私は100歳を越えた方にお目にかかったことはないのですが、そんなお祝いが迎えられるとしたら、本当に喜ばしいくらいの長生きですよね。


おすすめの関連記事♪