「あぁ~、とうとう大台に乗っちゃった!」

女性がよく言う「大台」は年齢や体重のことですけれど、そもそも、「大台に乗る」とは一体どんな意味なのでしょうか?


大台に乗る


耳にする機会は多いけれども、どんな意味?と聞かれてもはっきりと答えることができない。そんな言葉は意外と多いものです。

間違えて使って恥をかかないためにも、今回は「大台に乗る」の正しい意味や使い方を紹介しますね!

まずは、意味と読み方から一緒に見ていきましょう。



大台に乗るの意味・読み方!


「大台に乗る」「おおだいにのる」と読みます。

意味は、「金額・数量などで、大きな区切りや目安になる境目に到達する。」です。



「大台」は決して「大きな台」という意味ではなく「大きな区切り」を比喩しているのです。

しかし、いったいどのような区切りなのでしょうね。

具体的な数値が決まっているのでしょうか?

次の章で見ていきましょう。


スポンサーリンク


大台に乗るの語源・由来とは?

「大台に乗る」の語源は、株式市場にあります。

つまり「株式用語」なんです。


株式用語で、数字のケタの区切りを指すなかでも、とりわけ大きな数字に変わったことを「大台」と言います。

100が1,000になったり、万が億になったりすることですね。

ここから、「大台に乗る」という言葉が生まれました。
(ただし、10が100になる場合は「台に乗る」というので、こちらには該当しません。)


例えば株価が900円だったものが、1000円になった場合がそうです。

「1000円の大台に乗った」と表現するんですよ!

ここから意味が転じて、株式市場の他であっても大きな境目となる金額や数のことを「大台に乗る」というようになったんですね。


ちなみに株式用語では、大台から減少した場合は「大台を割った」、一度大台を割ったものが再び大台に乗った場合には「大台を回復」といいます。

「大台から降りた」や、もう一度「大台に乗った」と表現しないのが不思議なところですね。

専門用語の特徴といえるのではないでしょうか。


次の章では、使い方の紹介。

どんな「大台」があるのか、続けて見ていきましょう。


大台に乗る

大台に乗るの使い方・例文!



この間見た映画、すごくおもしろかったんだ!

まわりの人の評判が良いのも納得だね。

予想通り、観客動員数が400万人の大台に乗ったらしいし、きっと興行収入もすごいだろうね!


あの会社、近ごろ急激に成長しているように感じたけれど案の定、売り上げが10億円の大台に乗ったらしいね

きっと、消費者のニーズや時代にあっていたのが大きく影響しているんだろうね。


私、身長が160㎝なんだけど、何キロからが大台だと思う

60㎏だと、すでに大台に乗っちゃっているかな?

最近、調子に乗っておいしいものを食べ過ぎていたから…


今日は私の誕生日。

みんな「おめでとう!」って言ってくれるんだけど、あんまり嬉しくないんだよなぁ…

だって、とうとう40歳の大台に乗ってしまったんだもん

親戚のおじさんたちは、「あんなに小さかったのに早いもんだ。」なんて喜んでくれるけどね(苦笑)


とうとう60㎏の大台に乗っちゃったから、頑張ってダイエットしたの

今では、60㎏の大台を割るのはもちろん、55㎏まで体重が落ちたの。

体調もすっかり良くなったし、この状態をキープするように頑張る!



と、このように「大台に乗る」を使います。

最後の例文は、あえて「大台に乗る」と「大台を割る」を合わせて使った例文を紹介してみました。

例文を見ていただくとわかるように、具体的に「いくら以上が大台」と決まっているわけではありません

ですから「〇〇の大台に乗る」と表現されることがほとんどです。

それに加えて、人数にお金・体重に年齢と、数値で表せるいろいろなものが「大台に乗る」ことができることがわかりましたね!


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「大台に乗る」の意味や語源・使い方を見てきました。

「大台に乗る」は区切りのひとつや、境目を表す言葉でしたね。


類語には、こんなものがあります。

  • ボーダーライン:境界線。境の、どっちつかずの所。
  • 境界線:土地のさかいめの線。また、物事の境目。
  • 位取(くらいど)り:物事の等級や優劣・品位などを定めること。



英語で表現するのは、少し難しいのですけれど、
reach
を使うことで表現することができますよ。

Stock prices have reached the 30,000 yen mark .
(株価が 3 万円の大台に乗った。)


おすすめの関連記事♪