突然ですが、想像してみてください。

友達に「先週、○○ちゃんにLINEしたんだけどさ、なしのつぶてだったよ!」と言われたあなた。なんと返しますか?
なしのつぶて


「な…なしのつぶて?」…キョトンとしてしまいそうですね。

友達だったら「なにそれ?」ですみますが、もしこれが上司や先輩、取引先だったら?

考えるだけで汗が出ますね…

今回は、そんな目に合わないよう、「なしのつぶて」の意味や使い方を説明していこうと思います!



なしのつぶての意味・読み方は?


「なしのつぶて」は「連絡をしても返事の無いこと、便りの無いこと」という意味があります。

主に「連絡を試みたが、相手から反応がなかった」というニュアンスです。



冒頭のセリフの正解は「LINEの返事こなかった!」と言うことでした!うまくかわされてしまったようですね…

「なしのつぶて」には漢字もあり、「梨の礫」と書きます。

「なし」とは果物の梨なんですね!

ですが、返事が無いことがなぜ「梨」?そして「礫」とはなんのことなのでしょうか?

せっかく意味を知ったのですから「なしのつぶて」の語源も勉強していきましょう!


スポンサーリンク


なしのつぶての語源とは?

では、「なしのつぶて」の語源を解説していきます。

漢字で書くと「梨の礫」でしたね!まずはバラして漢字の意味も考えていきましょう!

  • 「梨」は果物の梨のことですね。
  • 「礫」は、れき、つぶて、と読みます。小石という意味があります。

そのままの意味で考えると「梨の小石?」何それ?となってしまいますが、この場合は少し意味が違うんです!


思い出してみてください。あなたは子供の頃、小石を投げて遊んだ経験はありませんか?

ポーンと小石を投げてみても、決して返ってくることはありません。

石は行ったっきりのままです。

つまり、投げた小石(つぶて)のように行ったっきりで返ってこないことを、手紙や連絡が返ってこない様子に例えたのです!

それを「なしのつぶて」と表現するようになったそうですよ!


ここで気になるのは「梨」ですが、実は特に梨である必要は無いそうです。

じゃあ桃でも柿でもいいじゃないか!と思いますが、どうやら「語呂合わせ」という説が有力で、「返ってこない、返事がない」の「無し」と果物の「梨」を掛けて「梨の礫」と漢字が当てはめられたと考えられています。

ちなみに「無し」なら「無しの礫」でもよさそうですが、何もない物は投げられないので、物体のある「梨の礫」と表すようです。

では、「なしのつぶて」いったいどんな風に使う言葉なのでしょうか?

意味と語源がわかったので、次は使い方を勉強していきましょう!


なしのつぶて

なしのつぶての使い方・例文!

「なしのつぶて」の使い方を紹介していきますよ!

例文をいくつか出しますので、比べながら見てみてくださいね!

  • 「10年ぶりの同窓会開催のハガキを送ったが、半数はなしのつぶてだった」
  • 「何度電話をしてもなしのつぶてで、そこで騙されていたことに気がついた」
  • 「上京した息子はもう半年間もなしのつぶてだ」

3つの例をあげてみましたが、「全て返事がない様子」を表していますよ!

1つ目はハガキを送ったが反応がない、2つ目は電話が繋がらない、そして3つ目は電話も出ないしメールの返事もないといったニュアンスでしょうか。

どれもよく聞く話ですよね!

現代、連絡手段は様々ありますが、このように1つに限らずに多方面で使える言葉なんです!


冒頭でも出てきたLINEもここ数年で当たり前の連絡ツールとなりました。

既読スルーも「なしのつぶて」を使うにはピッタリかもしれませんね!


スポンサーリンク


さいごに

それでは、「なしのつぶて」の類義語を集めてみましたので、ここで紹介しましょう。

  • 「音沙汰がない」
  • 「おとさたがない」と読みます。

    「音沙汰」だけで、便り、連絡、訪れという意味があります。通常使う際は「音沙汰がない」と「ない」をつけて使用しますよ。

  • 「鉄砲玉」
  • 「てっぽうだま」と読みます。これはいろんな意味がある言葉なんです!

    1. 銃弾の玉
    2. 丸く固めた飴
    3. 使いなどに出たまま戻らないこと、またその人
    4. 水に浮かないこと、泳げないこと、またその人
    5. ヒットマン

    この場合は「使いなどに出たまま戻らないこと」が近い意味ではないかな?と思います。

  • 「音無の構え」
  • 読みは「おとなしのかまえ」です。

    1. 音を立てない姿勢
    2. 行動を起こさないこと、働きかけに対して反応しないこと

    という意味があります!

    「音無の構えを決め込む」などと使うことが出来ますよ!



いかがでしたか?今日は「なしのつぶて」について解説してきました!

漢字では意外な「梨」の登場でした。

その語源も語呂合わせとは、ちょっと拍子抜けしてしまいましたよね!


しかし、語呂合わせとはとても覚えやすいものです。

昔の人の考えは「なるほど!」と感心出来るものが多いですよね。

特に今回の内容は一度聞いたら忘れないのではないでしょうか?

意味と使い方に加えて、語源も一緒に説明出来たらかっこいいと思います!

是非「なしのつぶて」使ってみてくださいね!


スポンサーリンク