「一人だけ蚊帳の外みたいな顔をしていないで、ちゃんと会議に参加してください!」って、先輩に注意したところ・・・

「「蚊帳の外みたいな顔」ってどんな顔?」と質問され答えれなくて困りました。


蚊帳の外


こんな風に、なんとなく知っていて使わうけども、実は正しい意味を知らない言葉って結構ありますよね。

正しい意味を知っていたら、困ることもなかったのに(-_-;)

あなたも何気なく使った言葉が原因で、困ったり恥をかいた経験あるのではないでしょうか?

そこで今回は、「蚊帳の外」の意味や語源・使い方について紹介します!

同じような失敗をしない為にも、一緒に見ていきましょう。



蚊帳の外の意味・読み方!

「蚊帳の外」「かやのそと」と読みます。

意味は、

  • 物事にかかわることができない位置にいること。
  • 大切なことがわからない立場にいること。
  • 仲間外れにされること。

です。



簡単に言うと「輪」から外れてしまっている状態のことを言っているんですね。

しかし、なぜ「輪」から外れてしまうことを「蚊帳の外」と言うのでしょうか?

次の章で分かりやすく紹介しますね!


スポンサーリンク


蚊帳の外の語源・由来とは?

「蚊帳の外」の語源はもちろん「蚊帳」に関係があります。


「蚊帳」とは、蚊などの害虫から人を守るための網のことで、部屋の四隅につって布団の周りを覆う道具のことです。

昔は、殺虫剤や防虫剤がなかっただけでなく、エアコンや扇風機などもなかったので、窓を開けて寝たりしていました。

網戸もありませんでしたから、蚊や害虫が家の中に入りたい放題(;´Д`)

そこで、この「蚊帳」をはって中に入り蚊や害虫から逃れていたのです。


蚊帳は細かい網でできているので、外からは蚊帳の中が良く見えません。

網で仕切られた独立した空間になっていますよね。

そこに、入ることを許されないということは…
仲間外れにされていると、感じてしまう。

そんなことから、仲間外れになることを「蚊帳の外」と呼ぶようになったのです。


つまり、「蚊帳」を物事の「輪」に見立てて、比喩しているんですね。

他の、

  • 物事にかかわることができない位置にいること。
  • 大事なことがわからない立場にいること。

は、「物事にかかわることができる位置」「大事なことがわかる位置」を「蚊帳の中」に例えているんですね。


蚊帳の外

蚊帳の外の使い方・例文!

例文を使いながら「蚊帳の外」の使い方を紹介していきますね。

クラスの大半の子がスマホを持っていて、SNSを使ってグループで話をしている。

スマホを持っていない僕や数人の子は、いつも蚊帳の外になっちゃうんだ


今、はやりのゲーム。

私は全く興味がないから、その話が始まるといつも蚊帳の外

興味がないから、いいんだけど何だかモヤモヤする…



こちらのふたつの例文では「蚊帳の外」は、「仲間はずれ」になってしまう。という意味で使われていますね。

今回のイベントには、構想を練る段階から考えに考えてやってきた。

それなのに、イベント当日は蚊帳の外なんて

まさか、前日になってインフルエンザにかかるなんて予想していなかったよ、



こちらの例文は「物事にかかわることができない位置にいること。」という、使い方の例文ですね。

イベント会場にいることができないから、関わることができないんですね。

最後に「大事なことがわからない立場にいること。」を表す「蚊帳の外」の使い方の例文のご紹介です。

今日は、息子がずっと目標にしてきた大会。

試合結果が気になるけど、海外出張中じゃあ蚊帳の外になるのも仕方がないか



遠く離れた、時差もあるような場所にいるから 大切なことがわからない立場にいるという意味で、「蚊帳の外」を使った表現ですね。

冒頭での、「一人だけ蚊帳の外みたいな顔をしていないで」は「関係がない」という意味で「蚊帳の外」を使っています。

「輪」から外れているということは、つまり「関係がない」とも言い換えることができますので、こんな使い方もできるんですよ!


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「蚊帳の外」の意味や語源・使い方を見てきました。

「蚊帳の外」は「仲間はずれ」を表す言葉でしたね。


他にも、こんな言葉で表すことができますよ。

  • 村八分:仲間はずれにすること。
  • 継子扱い:他のものと区別して、のけ者にすること。
  • つんぼ浅敷:関係者でありながら情報や事情などを知らされないこと。



「関係がない」という意味だと、

  • 関心がない:ある物事に特に心を引かれ、注意を向けることがない。
  • 部外者:その機関・組織に関係のないこと。また属していない者。
  • よそ者:他の土地から移って来た人。また、仲間でない人。

などが、類語になります。


英語だとこんな表現がありますよ。

・out of the picture

「状況を知らない。」「無関係である。」という意味の言葉です。

直訳すれば、「写真の外」ですね。


日本語では「蚊帳」、英語では「写真」の「外」でしたが、他の国も何かの「外」になるのでしょうか?

調べてみても面白いかもしれませんね。


おすすめの関連記事♪