あなたは「君、隅に置けないね!」なんて、言われた経験はありませんか?

上司との会話の途中、突然そう言われて知らなかったら、適当に「あはは…」でごまかしますよね。


隅に置けない


ちなみに、私は知らない言葉が出てきたら…そうごまかしてしまうのですが(;・∀・)

今回は、「隅に置けない」の意味や語源、使い方をわかりやすく説明していきますね!

適当にごまかさないで済むように、まずは意味と読み方からいきますよ!



隅に置けないの意味・読み方は?


「隅に置けない」は「すみにおけない」と読みます。

「その人が意外にも経験が豊かであったり、才能があったりして、油断できない、侮れない」という意味があります。



ここで気になるのは「隅」ではないでしょうか?

いったいなんの隅のことなのか、そして、なぜ「隅に置けない」が侮れないという意味になるのかを、知りたいですよね!

「隅」の意味も含めて、その語源から説明していきますね!


スポンサーリンク


隅に置けないの語源とは?

「隅に置けない」にはどんな語源があるのでしょうか?

まず「隅」がなんなのかというと、中央から離れた端のことです。

いわゆる「すみっこ」のことですね!また、日陰を連想する言葉でもありますね。


では解りやすいように「部屋」に例えてみます。

部屋の真ん中は何を置いても目立ちますよね。

反対に部屋の隅は何を置いても目立ちません。

才能のある人が隅に行ってしまうと、その人も目立たなくなります。

しかし、その様な目立たないところにいても、才能があることは無視出来ません。


例えば、あなたは部屋の真ん中にあるコタツでくつろいでいたとします。

そんな時に部屋の隅にいた飼い猫がそーっと近づいてきてあなたに爪を立てました!

あなたは突然のことにとても驚きますよね!?

びっくりするし爪が刺さって痛いし…きっと猫は満足気にその場から立ち去ります。

この様に、才能がある人が(例えは猫の攻撃でしたが)隅にいたら無視は出来ませんよね。

いつ攻撃されるか、出し抜かれるかわかりません。


その事から「才能がある人は目立たない隅には置いておけない」→「油断できない、侮れない」という意味になったと考えられます。

目立つ真ん中にいれば目につきやすいですから、このような例えをするのでしょうね!

そんな「隅に置けない」ですが、どのような時に使える言葉なのでしょうか?次で使い方を解説していきますね!


隅に置けない

隅に置けないの使い方・例文!

それでは、使い方の例文を紹介します!

その場面を想像しながら読んでみてくださいね!

  • 「彼女、こんなにある資料をこの短時間で作ったんだって。隅に置けないなぁ」
  • 「こんなに美人な奥さんがいたなんて、彼も隅に置けない男だな!」



2パターンの例文を書いてみました。

まず1つ目は短時間で仕事をこなした人に対して「すごいなぁ!」という意味が込められています。

意外な仕事ぶりを称賛している様子ですね。


そして2つ目は、「美人な奥さん捕まえて、なかなかやるじゃん!」というニュアンスが込められています。

このように「隅に置けない」は能力や仕事だけではなく、恋愛の場面で使われることもとても多いんですよ。


今までは(隅にいて)あまり気づかなかったけど「意外と仕事ができるなぁ」とか、「意外とやるなぁ」という時に使うことが出来ますよ!

もしこの言葉を言われたら褒め言葉ですから、素直によろんでくださいね!あなたの能力が認められた、と言うことなのです!


スポンサーリンク


さいごに

それでは、「隅に置けない」の類義語をまとめてみたので紹介していきますね!

  • 「抜け目がない」
  • 「ぬけめがない」と読みます。

    注意深く、やることに抜けたところがないという意味で、「彼の仕事はいつも抜け目がない」などと使います。

  • 「能ある鷹は爪を隠す」
  • 「のうあるたかはつめをかくす」と読みます。

    才能や能力がある人は、それを軽々しくみせないという意味があります。

    鷹は狩りをする時にだけ爪を出して普段は隠している為、この様な言葉が生まれました。

  • 「頭角を現す」
  • 「とうかくをあらわす」と読みます。

    これは「才能や技量が周囲の人よりも一段と優れている」様子を表しています。

    「彼はメキメキと頭角を現してきた」などど使うことが出来ますよ。



また、似ている言葉で「気が置けない」という表現があります。

「隅に置けない」と似ているので混同されがちなのですが、全く意味が違いますので気を付けてください。

「気が置けない」は平たくいうと、遠慮したり気を使ったりする必要がない、心から打ち解けているような様を現す言葉です。

家族や夫婦、仲の良い友人などは気を使いませんから、「気が置けない」が当てはまりますね。

「隅に置けない」とは別物だということを覚えておいてくださいね。


今日は「隅に置けない」について解説してきました。読んでみてどうでしたか?

侮れないライバルや同僚に対して使ったりすることも出来ますし、もし自分に使ってもらえたら嬉しいですよね!

ビジネスシーンでは特に使う機会が多い言葉だと思います。これを参考に是非使ってみてくださいね!


スポンサーリンク