「琴線に触れる」なんて、凄くキレイな表現ですね(*^-^*)

ところで、あなたは「琴線に触れる」の意味を正しく知っていますか?

実は言葉、意外に誤用が多い言葉なんですよ!


琴線に触れる


あまり聞きなれない言葉だから、きちんと知らなくてもまぁいいや!なんて、思ってしまう言葉は意外とあるものです。

もしかしたら、その考え方が間違いを生んでしまうのかもしれません…

間違えて使って恥をかかないためにも、今回は「琴線に触れる」の正しい意味や語源・使い方を紹介していきますね。

まずは、意味と読み方から一緒に見ていきましょう。



琴線に触れるの意味・読み方!


「琴線に触れる」「きんせんにふれる」と読みます。

意味は、「人の心の奥にまで届き、感動させること。」「心情に深く触れて共鳴させること。」です。



「ことせんにふれる」とは読みませんので、注意してください。

また「きんせん」は、ちょっと聞きなれない言葉ですから、「金銭」や「金線」なんて誤表記に注意しましょうね。

しかし、「人の心」と「琴線」には何か関係があるのでしょうか?

次の章で、言葉の成り立ちを見ていきましょう。


スポンサーリンク


琴線に触れるの語源・由来とは?

「琴線に触れる」の語源は、中国が「周」と呼ばれていた時代に生まれた故事にあります。

その故事とは、こんなお話です。

伯牙(はくが)という琴の名手がいました。

伯牙には、鐘子期(しゅうしき)という友人がおり、二人は互いに信頼しあっていました。

また、鐘子期は伯牙が奏でる琴の音を聞くのが大好きでした。

信頼しあっているからでしょうか、鐘子期は伯牙の琴の音を聞いただけでその曲に込められている、彼の心情や趣意を理解し感動していたのです。



と、いうお話です。

ここから「人の心の奥にまで届き、感動させること。」「心情に深く触れて共鳴させること。」を「琴線に触れる」というようになったのです。

「琴線」とはもちろん、琴に張られている「糸」のことです。

この「糸」をはじくことで、琴の音色が発せられます。

「糸」つまり、「琴線」を「感動する心」「心に共鳴すること」に比喩表現しているのですね。

キレイな言葉の語源が、キレイなお話だったのでなんだか嬉しいかったです(*^-^*)


琴線に触れる

琴線に触れるの使い方・例文!

こちらの章では、例文を使いながら「琴線に触れる」の使い方を紹介していきます。

僕は、あるアーティストの曲がとても好きなんだ。

僕が落ち込んでいた時に、たまたま聞いた曲がとても琴線に触れて

それ以来、彼の大ファンになったんだ。



「心情に深く触れて共鳴させること。」という意味で「琴線に触れる」を使っている例文ですね。

曲へ感情移入をして琴線に触れるというのは、よくあることです。

話題の映画を見てきた。

あの映画は、広い年代の人の琴線に触れる素晴らしい作品だと思う

話題になるのも納得だよ。



「人の心の奥にまで届き、感動させること。」という意味で「琴線に触れる」を使っている例文ですね。

私は映画をあまり見ないのですが、あなたは最近 琴線に触れた映画はありましたか?

すてきな曲を聞いてい感動した時、すてきなシーンを見て共鳴したときなどに「琴線に触れる」を使って気持ちを表現してみましょう。


実は、「琴線に触れる」は誤用が多い言葉でもあるんです。

誤用例をふたつ見ていただきますね。

いい加減な仕事の仕方をする彼。

前々から同僚に注意を受けていたにも関わらず改善する気もなし。

とうとう、部長の琴線に触れてしまったようだ


いたずら好きの彼。

今回のいたずらは度が過ぎたのか、先生の琴線に触れてしまったようだ



勘のいいあなたなら、間違えているところに気が付いたのではないでしょうか?

そうです!

「琴線に触れる」と「逆鱗に触れる」の意味を勘違いして使っています。

意外と多くの人がする間違いですので、気を付けてくださいね。

「逆鱗に触れる」の意味は「目上の人を激しく怒らせてしまう。」です。一緒に覚えておきましょう。


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「琴線に触れる」の意味や語源・使い方を見てきました。

「琴線に触れる」の類語には、こんなものがあります。

  • 感銘を受ける:深く感動する、後々まで印象に残り続けるほと感動する。
  • 心を打たれる:強く感銘を受け、印象に残ること。感動すること。
  • 心にしみる:心に深く入りこむ。しみじみと感じられる。
  • 機微に触れる:目に見えない人間の心の微妙な動きを肌で感じて理解する。
  • 痛切に感じる:身にしみて強く実感する。



「触れたり」「しみたり」するものが多いようですね。

また、英語では「touch the heartstrings of~」で表現することができますよ。


おすすめの関連記事♪