先日、大学時代の友人のお宅にお邪魔した時の事です。

数十年ぶりだったので、話が弾み過ぎてすっかり長居(;´∀`)


遣らずの雨


そろそろ帰ろうと思ったら、シトシト雨が降り出していました。

すると、友人が「遣らずの雨」だね!と一言。

嬉しくて、ついつい座りなおしてしまいました。

数十年ぶりに会ったのに「遣らずの雨」なんて言ってくれたことに、すっかり気分が良くなったのです^^

しかし、ふと「遣らずの雨」の意味って「人を帰さないかのように降りだす雨のこと。」で正解だったかな?と気になりました・・・。


「確かこんな意味だったはず…」なんて、何となくわかるような気がするけれど、はっきりと確信がもてない。

あなたもそんな経験ありますよね?

知らなかった言葉を知ることは非常に大切なことです!

そこで今回は「遣らずの雨」の正しい意味や語源・使い方を紹介しますね。

ますは、意味から見ていきましょう。



遣らずの雨の意味・読み方!


「遣らずの雨」「やらずのあめ」と読みます。

意味は、「まるで帰ろうとする人を帰さないかのように降りだす雨のこと。」です。



他にも、「客や恋人が帰る頃になって、それを引きとどめるかのように降り出す雨。」や「出かけようとする時に折り悪く降りだす雨」という意味もあります。

「雨」が入る言葉なだけに、「止まずの雨」と間違う人が多いですので、ご注意くださいね。


「遣らず」…なんだか聞きなれない言葉ですね。

語源の章で詳しく見ていくことにしましょう。


スポンサーリンク
 

 

遣らずの雨の語源・由来とは?

さて、こちらの章では「遣らずの雨」の語源の紹介です。
…と、言いたいところなのですが「遣らずの雨」には語源らしい語源はありません

単語、ひとつひとつの意味から成り立っている言葉なのです。

それでは、「遣らずの雨」を単語ごとにわけて意味を掘り下げて説明していきますね。


では、まずは「遣らず」の意味から。

「遣らず」は「遣る」の否定形ですね。

そして、「遣る」の意味が、「そこへ行かせる。さしむける。送り届ける。」です。

この意味の否定形、「ない」がついたものが「遣らず」の意味になります。
つまり、「そこへ行かせない。さしむけない。」です。

「雨」は、「絶え間なく降り注ぐ、または、落ちてくるものの例え」という意味もありますが、「遣らずの雨」の雨は「空から降る雨」の事。

ふたつの言葉の意味をあわせると、「帰ろうとする人を帰さないかのように降りだす雨のこと。」が出来上がるというわけです。


それでは、次の章では例文を使って正しい使い方を紹介しますね。


遣らずの雨

遣らずの雨の使い方・例文!

それでは、例文を作っていきましょう。

離れた実家で暮らす母が久々に会いにきてくれた夜、遣らずの雨が振り出してくれたので、急遽、私の家に一泊していくことになった

そのおかげで、ゆっくりと長話ができてうれしかった。


教室に残っ友だちとテスト勉強をしていたある日。

遣らずの雨が降ってきたのでもう少し勉強していくことにした

そしたら、なんと翌日のテストでちょうど勉強したところが出題されていておどろいた!



この二つの例文に共通するのは「遣らずの雨」が降ったおかげで思わぬ良いことが起こったという点ですね。

他にはどんな使い方があるのでしょうか?

久しぶりに会った友人が、「そろそろおいとまするね。」と言い出したんだけれど、名残惜しくて遣らずの雨が降ったら引き留めやすいのになぁ
なんて、ついつい思ってしまった。

なるほど!

「遣らずの雨」が降ればいいなぁ…なんて使い方も出来るんですね。


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

「遣らずの雨」の意味や語源・使い方を見てきました。

「遣らずの雨」以外にも「雨」に関係することわざや慣用句はあります!:

せっかくの機会ですので、ご紹介しましょう。

  • 雨車軸の如し(しゃじくのごとし):雨脚を車軸に見立てて、大粒の雨が激しく降るさま。
  • 狐の嫁入り:日が照っているのに雨が降ること。
  • 涙雨:悲しみの涙が化して降るという雨。
  • 旱天の慈雨(かんてんのじう):日照り続きのときに降る、恵みの雨。

などがあります。


「雨」にもいろんな名前があることをあなたはご存じでしょうか。

今回、せっかく雨の名前のひとつ「遣らずの雨」を学んだので、ほんの一例ですがこちらも紹介したいと思います。

  • 春時雨(はるしぐれ):春に降る時雨のこと。時雨は晴れたと思ったら降りだし、降りだしたと思ったら止むを繰り返す雨のこと。
  • 五月雨(さみだれ):梅雨のこと。旧暦の5月に降る雨というのが由来。
  • 半夏雨(はんげあめ):夏至~11日目の半夏生(はんげしょう)に降る雨のこと。
  • 秋雨(あきさめ):8月下旬~10月にかけて降り続ける長雨のこと。
  • 氷雨(ひさめ):晩秋から初冬に降る氷混じりの冷たい雨のこと。

え~!雨の名前ってこんなにあるの!というくらい、雨の名前はたくさんあります。

四季を大切にする日本。さすが、風流ですね。


おすすめの関連記事♪